沖縄県警は21日、今年2~3月に共同で覚醒剤と乾燥大麻を所持していたとして本島南部に住む女子高校生=当時17歳=と同居人の有職少年(17)、友人の有職少年(16)の3人を、覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反の両容疑で逮捕したと発表した。

パトランプ

 3人は友人関係にあり、販売目的で所持していたことを認めているという。

 県警は3人がSNSを使って売買を繰り返していたとみて、仕入れルートや、販売先の詳細を慎重に調べている。

 今年2月中旬、外部からの情報提供で16歳の少年を違法薬物所持の疑いで任意聴取したことをきっかけに、女子高生ら3人での共同所持容疑が浮上した。