非常に強い台風2号は22日午前3時現在、フィリピンの東を1時間に約10キロの速さで北北西に進んでいる。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。中心から半径165キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。沖縄気象台によると、沖縄は暴風域に入らない見通し。

台風2号進路図

 台風の中心は、22日午後6時には沖縄の南の海上を進む。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルが予想される。

 沖縄旅客船協会によると21日は22便が欠航。22日は多くの便が早朝に運航を判断する。

那覇-南北大東で臨時便

 琉球エアーコミューター(RAC、金城清典社長)は22日、台風2号の接近に伴い那覇-北大東、北大東-南大東、南大東-那覇の3便を臨時運航する。座席はそれぞれ50席。

 運航スケジュールは、午前10時55分に那覇を出発し、同11時55分に北大東着。午後0時25分に北大東を出発し、南大東へは同0時45分に到着する。南大東からは午後1時15分発、那覇に同2時25分に到着する予定。