非常に強い台風2号は22日午前9時、フィリピンの東を時速10キロで北へ進んでいる。沖縄気象台によると23日は大東島地方に非常に強い風が吹き、大東島地方と沖縄本島地方の沿岸の海域では大しけとなる見込み。高波に警戒し、強風に十分注意するよう呼び掛けている。

4月22日午前9時現在の台風経路図(気象庁HPより)

 22日午前9時現在の台風2号の中心気圧は940ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径165キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は22日には進路を次第に北東に変え、23日からは強い勢力で沖縄の南の海上を東に進む見通し。

 沖縄地方の沿岸の海域はうねりを伴い、沖縄本島地方と先島諸島ではしけており、大東島地方では波が高くなっている。沖縄本島地方と大東島地方では23日昼過ぎから高波に警戒が必要。台風の進路によっては、先島諸島でも23日から大しけとなる恐れがある。

 沖縄地方は24日にかけて日本海に中心を持つ高気圧と台風との間で気圧の傾きが大きくなる見込み。大東島地方では22日夕方から東の風が強く吹き、23日夕方からは非常に強い風が吹く見通し。沖縄本島地方や宮古島地方でも23日は、東または北東の強風に注意が必要という。