共同通信 ニュース

池村と石坂が首位、関西オープン 1打差の3位に4人

2021年4月22日 19:09

 関西オープン選手権第1日(22日・兵庫県有馬ロイヤルGC=7103ヤード、パー71)ツアー未勝利の池村寛世と石坂友宏が6アンダーの65で回って首位に立った。1打差の3位に星野陸也、アマチュアの宇喜多飛翔(大院大)、武藤俊憲、谷口徹の4人が続いた。

 第1日、2番でティーショットを放つ池村寛世。6アンダーで首位=有馬ロイヤルGC

 第1日、11番でティーショットを放つ石坂友宏。6アンダーで首位=有馬ロイヤルGC

 第1日、2番でティーショットを放つ池村寛世。6アンダーで首位=有馬ロイヤルGC  第1日、11番でティーショットを放つ石坂友宏。6アンダーで首位=有馬ロイヤルGC

 今年初戦の東建ホームメイト・カップを制した金谷拓実は69で回り、石川遼らと24位スタートとなった。(賞金総額6千万円、優勝1200万円、出場150選手=アマ24、晴れ、気温21・5度、南西の風2・0メートル、無観客)(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング