埼玉県熊谷市の高校生が、太平洋戦争の終戦前夜に起きた「熊谷空襲」の体験者をインタビューし、「最後の空襲 熊谷」(社会評論社)を出版した。地元の街をかつて襲った戦禍の悲惨さを知り、「記憶の継承は私たちの世代にかかっている」との思いを強くしている。