高良幸子バレエ団・研究所の第45回定期発表公演が11日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホールであった。「パキータ」、「ラ・バヤデール 第2幕より」、「夕焼け」(振り付け・高良幸子)などクラシックから創作まで、多彩な演目を上演。生き生きとした舞を披露し、創立50周年の節目の舞台を飾った。