河野太郎行政改革担当相は22日、大型連休後に高齢者への接種が想定される新型コロナウイルスワクチン約1800万回分(1万6千箱分)の都道府県別の割り当てを発表した。高齢者約3600万人の約半数が、2回接種のうちの1回目を打つ量となる。