新型コロナウイルス感染拡大の「第4波」により各地で病床が再び逼迫(ひっぱく)する中、奈良県が全国で初めて改正感染症法に基づく病床確保を医療機関に要請した。理由なく拒めば最終的に知事が病院名を公表できる強力な措置だが、自治体と医療機関の信頼関係を壊しかねない「もろ刃の剣」でもある。