「沖縄タイムス」で論説委員長、編集局長などを務めた諸見里道浩さん(69)が、初めての単著「新聞が見つめた沖縄」(沖縄タイムス社刊、2640円)を発行した。戦争責任を自覚して再出発した沖縄の新聞が、米国と日本の占領政策の下で「抗(あらが)う新聞」となってきた軌跡をたどった。