「もう危険水域に入っている」。沖縄県内で高校生3人を含む未成年が覚醒剤や大麻を所持した疑いで逮捕された事件に、捜査関係者らは危機感を募らせる。今年に入り、未成年者を含む摘発が相次ぐなど、若年層に違法薬物がまん延しているとされ、その全体像は見えない。