○…県女性団体連絡協議会(女団協)の要請を受けた赤嶺昇県議会議長。女性の議席数を増やすクオータ制の早期実現などを求める内容に耳を傾け、メモを取る手も熱心。「要請で終わらず、陳情として提出しては」と逆提案する本気度も示した。熱意に応じて女団協側もヒートアップ。