元プロ野球選手の清原和博氏が、25日放送のテレビ東京系『出川&飯尾のどん底さん家にお邪魔します。』(後4:00)に出演する。

「人生でもう一回、ホームランを打ちたい」と語った清原和博氏 (C)テレビ東京

【写真】”野球ファン”出川哲朗と清原氏の近況を探る

 同番組は、数々のどん底を経験し、荒波を乗り越えてきた大苦労人の出川哲朗、ずん・飯尾和樹が、人知れずさまざまな悩みを抱える“どん底さん”のもとを訪れる。今回の放送回には清原氏のほか、『東京タラレバ娘』、『海月姫』などの作者・東村アキコ氏、お笑いトリオ・鬼ヶ島のアイアム野田、コロナ禍で苦境を迎えている焼肉屋店主ら“どん底さん”が登場する。

 「54歳でどうやって人生を立て直していけば良いか、自問自答している」。昨年、執行猶予が終了し、徐々に社会復帰を目指している清原氏は、“どん底さんを救う”という番組コンセプトに「ピッタリじゃないですか」と語り、オファーを快諾。逮捕後の生活の変化から、自身が抱えるうつ病と薬物依存との戦い、学生野球の指導資格取得後に直面した苦悩まで、自身の“どん底”を赤裸々に打ち明け、「人生でもう一回、ホームランを打ちたい。野球界に貢献したい」と、野球への熱い思いを語る一幕も。

 収録後、出川は「本当にびっくりした! プロ野球が大好きなのでうれしかったし、出演してくれた事に感謝です」と興奮気味に語ると、飯尾も「頸動脈ドックン! ビックリしましたよ! 出川さんも自分も野球小僧でしたから、ど真ん中のスーパースターが“どん底さん”というテーマでよく出ていただいたなぁと。オファーしたスタッフの頭のおかしさに感謝です(笑)。清原さんは人間味がある面白い方で、不思議と『清原さんがやらかした事に対して正面向いて頑張っているんだから俺もっ!』と思わせてくれる方でした。自分ごときが生意気ですが、御本人の目指す夢をぜひとも叶えて頂きたいと思いました」とコメントした。

オリコンスタイルは、オリコンNewS(株)から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。