菅原一秀前経済産業相は23日、衆院厚生労働委員会の与党筆頭理事を辞任した。東京地検特捜部から任意で事情聴取を受けたと報道されたとして、委員会理事会で辞任を申し出て認められた。(共同通信)