沖縄タイムス+プラス ニュース

「KO、県民に見せる」ボクシング王者の比嘉大吾、計量1発クリア あす宜野湾で初防衛戦  WBOアジア・パシフィック・バンタム級

2021年4月23日 15:50

 世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック・バンタム級王者の比嘉大吾(25)=浦添市出身、宮古工高出、Ambition=は24日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで同5位の西田凌佑(六島)と初防衛戦を行う。23日に計量が行われ、比嘉はバンタム級リミットの53・5キロで一発クリアした。

前日計量をクリアし、初防衛戦に向けてオンライン会見で意気込みを語る比嘉大吾

 オンラインで記者会見した比嘉は「しっかりやってきたことを全て出せば、自然とKO勝ちにつながっていくと思う」と強調。沖縄での試合は世界王者だった2018年2月の2度目の防衛戦以来となる。「県民は自分が倒す姿を見たいと思うので、全力を出して倒し切りたい」と勝利を誓った。

 比嘉の戦績は19戦17勝(17KO)1敗1分け。挑戦者の西田凌佑は3戦3勝(1KO)。

◆沖縄コンベンションセンターでゴング

 大会は24日午後2時半から沖縄コンベンションセンター展示棟で行われる。全4試合。チケットは3万円~8千円の各種で、当日券は午後0時半から販売。問い合わせはトラロックエンターテインメント、電話03(6820)9313。

 また比嘉大吾の試合は、琉球放送が午後4時半から生中継する。

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索