共同通信 ニュース

コロナ対策で専門家会議 五輪で新設、30日初会合へ

2021年4月23日 23:03

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が、国や東京都、国際オリンピック委員会(IOC)などと検討している大会の新型コロナウイルス対策について、専門家からの助言を得るために新たな会議を設置することが23日、関係者への取材で分かった。医師や、感染症の研究機関のメンバーら6人を招き、30日に初会合を開く予定。

 東京・お台場の水上に浮かぶ五輪マークのモニュメント

 組織委などは28日に大会参加者向けのコロナ対策の「プレーブック(規則集)」第2版を公表する計画。6月の第3版の発行に向け、こうした会議を通じて対策をさらに強化する方針だ。

 コロナ対策とともに、懸案となっている暑さ対策の両立についても協議する。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索