三菱地所(東京都)と五つ星ホテル運営のローズウッドホテルズ&リゾーツ(香港)は23日、宮古島市平良に「ローズウッド宮古島」を2024年に開業すると発表した。ローズウッドは日本初進出。三菱地所は、ビーチリゾートホテルの開発は初めてとしている。

(資料写真)宮古島市の美しい海

 敷地面積9万6803平方メートルに55棟のヴィラタイプのホテルを建設する予定。延べ床面積は約1万平方メートル。全てのヴィラにプライベートプールとガーデンを設け、ビーチの眺望を楽しめるようにする。

 三菱地所の広報担当者は「新型コロナの影響で現状は厳しいが、24年には旅行需要の回復を見込んでいる。インバウンドを含め国内外から誘客し、宮古島の素晴らしい魅力を伝えながら、地域経済にも還元していきたい」と話した。

 ローズウッドホテルグループのソニア・チェンCEOは「日本初進出となるローズウッドが、この特別なロケーションで開業できることを大変うれしく思う」とコメントを寄せた。