[ニュース近景遠景]

 旧日本軍第32軍司令部壕の保存・公開について話し合う県の検討委員会(委員長・玉城辰彦弁護士)は、これまでに2回の会合を終えた。県側は委員に現状や課題などを説明してきたが、具体的な解決策はいまだ示されず、決定事項もない。残り3回の会合が予定されているものの、先行きは不透明。委員からは、県が議論をリードする必要があるとの声が上がる。(社会部・勝浦大輔、整理部・堀川幸太郎)...