新型コロナ沖縄の今

沖縄の病院、官民で乗り切ってきた“総力戦”も限界寸前…「病床逼迫」の背景を読み解く

2021年4月24日 11:26有料

[新型コロナ 沖縄の今]

 新型コロナウイルス感染拡大で、県内医療機関のコロナ病床使用率が100%近くに高止まりし、医療提供体制の厳しさが続いている。コロナ流行前から慢性的に病床が不足する中、官民で連携し乗り切ってきた「総力戦」も限界に近い。沖縄の「病床逼迫(ひっぱく)」の背景を読み解く。(社会部・篠原知恵)

 県内の人口千人当たりのベッド数は13・7。経済協力開発機構(OECD)の調査で「世界最多のベッド大国」を誇る日本全体の平均13・0を上回る多さだ。

 だが内訳を見ると、県内は一般病床が少ない。千人当たりの数は6・6にとどまり、全国平均の7・0以下。長期入院が必要な人のための療養病床と精神病床の数が多く、人口比のベッド数が膨らんでいる。

 特に本島中南部は、一般病床が慢性的に不足している。新型コロナ流行前から逼迫し、特に冬場は綱渡り状態だった。県保健医療計画によると、2016年時点の一般病床利用率は84・4%。全国平均(75・2%)を上回る。療養・精神病床の利用率も長年9割を超えて余裕はない。

 平時も高止まりする利用率の背景には、健康診断で異常が見つかる割合が全国ワーストで、外来受診率が低く入院率が高い沖縄の特殊事情があるとみられる。

 県は各病院の了承を得て、県内一般病床の5・3%(3月17日時点)をコロナ病床に充てる計画を立てる。厚生労働省調査によると、一般病床に占めるコロナ病床の割合は全国平均で3・4%にとどまり、沖縄は全国トップクラス。そもそも病床が足りず逼迫しているのに、なぜ沖縄はコロナ病床を多く確保できるのか。県は「民間病院が最大限の努力をしてくれている」と説明する。...

●疑問・困りごと募集

 新型コロナウイルスの感染が広がり、くらしや経済、学校生活に影響が広がっています。読者の皆さんがいま困っていることを、ぜひお寄せください。沖縄タイムスは、県民の「疑問」や「困り事」などを共有する企画を始めています。

 受け付けは下記から特設サイトにアクセスするか、郵送で郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」まで。ファクスは098(860)3483。メールはshakai@okinawatimes.co.jp

 >>特設サイトはこちら


連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。