コロナ禍での2度目の新学期を迎え、県内大学が遠隔(オンライン)授業の在り方を検証している。可能な限り対面授業を模索しつつも、オンラインを前向きに捉え、学生の理解が深まるよう授業内容を改善。対面で実施する場合はガイドラインを策定して感染対策を徹底するなど、学びの保障に向け試行錯誤が続く。