世界自然遺産候補地「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の登録審査の前提となる、国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関による「勧告」が迫っている。勧告時期は5月下旬とされているが、2018年の「登録延期」勧告などはゴールデンウイークと重なった。環境省関係者は「大型連休に出る可能性は高い」とみる。登録延期勧告から3年、再挑戦の行方に注目が集まる。

豊かな自然が広がる沖縄本島北部

世界自然遺産登録の流れ

豊かな自然が広がる沖縄本島北部 世界自然遺産登録の流れ

 ユネスコは、世界遺産の登録可否を決定する「世界遺産委員会」を7月16~31日にオンライン開催することを発表した。

 登録審査には、現地調査などを行う諮問機関が、候補地を登録すべきか評価する勧告が必要となる。自然遺産は沖縄と奄美を調査で訪れた国際自然保護連合(IUCN)が担う。

 登録を巡っては、17年2月に政府がユネスコへ推薦書を提出後、同年10月にIUCNが現地調査を実施。本島北部で推薦地を分断する「飛び地」などが課題となり、18年5月に登録延期を勧告された。

 政府は19年2月に再推薦。20年5月の勧告予定も、世界遺産委は新型コロナウイルス感染症の流行で21年に持ち越された。IUCNによる勧告時期は、世界遺産委が開催する6週間前までとされ、5月中にも出されることが想定される。

 環境省関係者は現時点でユネスコからの情報はないとしつつ「準備はしている」と吉報に備える。(社会部・砂川孫優)

【関連記事】「宿題」と向き合ってきた各候補地のいま