高校野球の春季九州大会(第148回九州大会)は27日、大分市の別大興産スタジアムで準々決勝を行った。沖縄県代表の具志川商業は長崎商業に8―4と逆転勝ちし、初の九州4強を決めた。

(資料写真)具志川商ナイン

 具商は三回表の守備で先発粟國陸斗が5四球、暴投と崩れて3失点。だが五回裏、安打と2死球で1死満塁とし、9番島袋大地の右適時打で1点を返した。犠飛で1点差に詰め寄ってなおも2死満塁、3番新川俊介の左2点適時打で4―3と逆転に成功した。

 さらに七回裏、再び新川の中適時三塁打などで8―3と突き放した。

 投手陣は粟國、田崎陽誠、伊波勢加が計13四死球と制球に苦しみながらも要所を締めた。九回表は山田極登が登板し、1失点するも8―4で制した。