沖縄セルラー電話(湯淺英雄社長)は27日、2021年3月期決算(子会社2社連結)を発表した。19年11月に提供を始めたauでんきや、スマートフォンなどのモバイル端末、光通信回線の総契約数が増え、売上高に当たる営業収益は前期比9・0%増の741億9100万円となった。経常利益は3・5%増の145億6500万円で9期連続の増収増益。いずれも過去最高を更新した。

 当期純利益は6・6%増の105億2200万円で8期連続の増益。1株当たりの期末配当金は、創立30周年記念配当5円を上乗せして、前期比8円増の85円を予定している。増配は20期連続となる。

 営業収益は昨年4月から運用を始めた「沖縄~九州海底ケーブル」の利用料収入も増収に寄与した。...