沖縄タイムス+プラス ニュース

【動画】オスプレイ、民家真上で物資つり下げ訓練 「私たち家族の命が軽んじられている」

2016年12月7日 07:54

 沖縄県宜野座(ぎのざ)村城原区内をオスプレイ1機が6日、物資をつり下げて訓練した。同区の男性(86)宅の真上を6、7回飛行。男性は「こんなのは初めてだ。もし物資が落ちたら誰が責任を取るのか。私たち家族の命が軽んじられている」と憤った。

村職員らが見上げる中、物資をつり下げて旋回するオスプレイ=6日午後3時47分ごろ、宜野座村城原区内

 事態を重く見た沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長は6日夜、宜野座村を訪れ、當眞淳村長に謝罪した。県の謝花喜一郎公室長にも電話で謝罪した。米軍には再発防止を申し入れた。

 オスプレイは機種が途中変わったが午後2時15分ごろ~4時前、4時半ごろ~5時40分ごろ、6時48分ごろ~8時すぎ、8時20分~9時27分ごろまで数分おきに集落内を旋回。そのうち夜間も含め、物資をつり下げたままの旋回が約20回あった。

 区長らによると騒音は恒常的に90デシベルを超え、午後7時45分と同50分には簡易測定器で最大102デシベルを測定。8時15分ごろにも100デシベルを超えた。

 當眞村長は本紙取材に「見てはいないが、物資が落ちる可能性がある。民間地を飛ばないよう再三求めているが、このような訓練は地域住民の不安をさらに高めることになる。同様な訓練はしないよう申し入れする」と話した。本紙は在沖米海兵隊に事実関係などを確認したが、回答はない。(北部報道部・伊集竜太郎)

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS