沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長知事がビデオメッセージ製作検討 SNSなどで全国に基地問題の周知へ

2016年12月7日 08:16

 米軍基地問題など沖縄を取り巻く課題を全国に周知させるため、翁長雄志知事がビデオメッセージの作成を検討していることが分かった。6日の県議会11月定例会で謝花喜一郎知事公室長が明らかにした。宮城一郎氏(社民・社大・結)への答弁。

翁長雄志知事

 謝花氏は県がホームページで5日から開始した英語での情報発信の取り組みに触れ、「県の課題を国内外に発信することは極めて重要だ」と指摘。全国知事会でも、県経済は米軍基地に支えられているなど誤解が広がっているとし、「ビデオメッセージを製作して翁長知事が訴えていることを広く全国に伝えられれば」と述べ、知事自ら情報発信する考えを示した。

 県幹部によると、ホームページやSNS(会員制交流サイト)などを通して全国に周知することなどを検討していくという。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS