琉球銀行(川上康頭取)は28日の取締役会で、常務の普久原啓之(けいし)氏(60)が代表取締役専務に昇格する役員人事を内定した。新しい常務には常勤監査役の豊田良二氏(60)が就く。6月の定時株主総会とその後の取締役会で正式決定する。川上頭取(59)、金城棟啓会長(66)は再任された。代表権は現体制と同様に、頭取、会長、専務の3氏が持つ。

 常勤監査役には、執行役員総合企画部部付部長の金城均氏(58)が就く。...