WEBオリジナル記事

沖縄、聖火リレー開催の裏側で・・・ スタート地点になるはずだった首里は今【WEB限定】

2021年4月30日 08:55

 沖縄で5月1日と2日、聖火リレーが行われる。当初、ランナー達は県内各地でトーチを持ってリレーをつなぐ予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大は収まらず、玉城デニー知事は沖縄本島では公道でのリレー実施を中止を決断。代替策として沖縄本島北部の名護市民会館と本島南部の平和祈念公園の2カ所で無観客開催することとなった。

(資料写真)沖縄の聖火リレーの出発地点になる予定だった守礼門(首里城公園)

「はあ・・・」。
リレー開催の3日前の4月28日。那覇市首里振興会の事務局長、嘉陽田詮さん(60)は首里で行われるはずだった出発セレモニー案が描かれた計画図をにぎりしめながら深いため息をついた。
「精神的なダメージは大きいですよ」

首里での聖火リレー開催がかなわず落胆する嘉陽田詮さん=4月28日

 2019年10月、首里城は火災により焼失。正殿をはじめ多くの施設が被害を受けたことに関係者はひどく落胆していた。しかし2カ月後、首里は沖縄での聖火リレーの出発地点に選ばれた。当時、首里振興会は「世界に今の首里城を知ってもらうことで持続した再建の動きにつなげることができるはず。一日も早い再建に向けて機運を高めていきたい」と期待に胸を膨らませていた。

 首里地域の伝統芸能の発展やまとめ役を担う首里振興会の元には、さっそく県や広告代理店の担当者が訪れ、出発セレモニー(ウェルカムプログラム)の調整が始まった。
 当初の案はスタート地点の守礼門に向かって琉球王朝時代の装いをした人々が琉球国王の行幸の一つを再現した「古式行列」を展開し、ランナーが特設ステージで聖火を受け取り、首里の各地域のシンボル「旗頭」の演舞で見送るという計画だった。嘉陽田さんによると、演者約100人規模のセレモニーを予定していた。

(資料写真)規模を縮小し行われた古式行列=2020年11月3日

 他にも獅子舞や管楽器などを演奏する「路次楽」で盛り上げる予定で、地域の人たちも「首里の伝統芸能を世界に発信できる」と張り切っていたという。

 だが翌年、新型コロナウイルスの感染拡大が世界を襲った。東京五輪・パラリンピックの延期に伴い、聖火リレーも1年延期に。嘉陽田さんは「あの時はまだ、『来年にはこの感染拡大は収まっていて、リレーができる』という希望はありましたよ」と振り返る。

 今年3月には密を避けるための新たなプランも代理店側から示されていた。感染対策で、演者の人数を減らすために各地域の旗頭を集めるのは断念。首里を代表する旗頭「瑞雲」一つでランナーを見送る予定だった。

 だが、4月に入って沖縄での感染者は急増。「(開催できるかどうか)危ないなという気持ちはありました」(嘉陽田さん)

 公道でのリレー実施の中止を知ったのはマスコミの報道が先だった。後日、広告代理店の担当者から中止を電話で伝えられた嘉陽田さんは「観光客にも知られている首里城を出発地点としてぜひとも選んでほしかった」と肩を落とす。


 5月1日と2日、嘉陽田さんはテレビで聖火リレーを見守る予定だ。「コロナだから仕方ないけど・・・首里の気持ちも、沖縄県民の願いもこめながらリレーをつないでほしい」
(デジタル部・比嘉桃乃)

▶首里城・記事まとめ ▶支援・募金先まとめ ▶寄付した人たち ▶首里城ってどんな城? ▶首里城エピソード募集 ▶写真特集1 ▶写真特集2

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。