沖縄タイムス+プラス ニュース

1年間に沖縄に来た外国人観光客はゼロ 本土からは72%減って258万人 コロナで2020年度

2021年4月30日 16:38

 沖縄県文化観光スポーツ部は30日、2020年度の県内入域観光客数が前年度比72.7%(688万5600人)減の258万3600人だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅行の自粛などにより、過去最大の減少幅となった。

(資料写真)空から見た沖縄の風景

 国内客は、63%(439万5200人)減の258万3600人。コロナ感染拡大によるGoToトラベル事業の一時停止や、国や県の緊急事態宣言が出されたことなどが影響した。

 外国客は、19年度は249万400人だったが、20年度はゼロ人。20年3月に国際線が全便運休となり、4月以降はゼロが続いている状態。クルーズ船とともに運航再開のめどは立っていない。

連載・コラム
記事を検索