バリトン歌手として国内外のステージに立つ声楽家の前田進一郎さん(47)は剛柔流国際空手古武道連盟四段の腕前でもある。中学3年で音楽家の道を志し、空手は22歳で始めた。どちらも鍛錬を重ね、最近、気が付いたことがある。「会場の隅にまで歌声を響かせるには力だけでは届かない。