「明和の大津波」が発生した日にあたる4月24日、その犠牲者を悼む慰霊祭が、沖縄県石垣市宮良の慰霊之塔で行われた。大津波は1771年(明和8年)に先島地方を襲った。うち、八重山では当時の全人口の約3割に当たる9313人が犠牲になったと見られている。今年は発生から250年の節目。中山義隆市長ら約60人が祈りをささげ、過去の教訓を風化させず、学び直し、災害への備えに生かすことを誓った。

250年前に起きた明和の大津波の犠牲者に祈りをささげる参列者=4月24日、石垣市宮良

 中山市長は主催者あいさつで、「大津波から250年、東日本大震災から10年を迎えた。いま一度、平時の備えを怠ることなく進めていくことが重要だ」と強調した。

 当時、とりわけ被害が大きかった市宮良と大浜地域から小学生と中学生の代表2人も出席し、大災害への思いをつづった作文を朗読した。

 宮良小6年の宇根底師平さんは現在の平穏な暮らしは助かった人々が協力し合って前向きに生きてきたからだとし、「犠牲者の悲しみを忘れず今を生きる僕たちが学んだ知識を生かし、地域と協力して命の安全を守っていきたい」と訴えた。

 「今、私たちにできること」と題して発表した大浜中3年の嵩原綾花さんは新型コロナウイルスの感染状況と重ね合わせて、「大津波で突然大勢が亡くなったように、私たちはいつも死と隣り合わせで生きている。そのことを心に置いて行動することで、津波もコロナも、より自分事として受け入れることができるのではないか」と述べた。