米海兵隊オスプレイによる宜野座村城原区でのつり下げ訓練を受け、沖縄防衛局は異例の深夜の「おわび行脚」で火消しを急いだ。防衛省関係者は「危険な訓練を中止させるためだ」と説明する。一方、住民に広がる反オスプレイ感情を抑えたい狙いも見え隠れする。