東京五輪に向けた聖火リレーが1日、県内でスタートした。初日は名護市の会場と石垣市の公道で県出身著名人や県民ら98人がトーチを掲げ、それぞれの思いを胸に「希望の火」をつないだ。 2日目は糸満市の平和祈念公園、座間味村の古座間味ビーチで80人で予定される。(ランナー一人一人の写真は代表撮影)