沖縄県警八重山署は2日、熟睡して抵抗できない状態の沖縄県内に住む建築作業員の男性=20代=に性的な行為をしたとして、準強制性交等の疑いで石垣市の会社員の男(31)を逮捕した。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているという。被害男性にけがはなかった。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は4月26日午前6時5分~50分ごろの間、石垣市内の路地で、何らかの原因で熟睡し抵抗できない状態の男性に性的な行為をした疑い。