[うちなー記者の海外取材日記](5)

 アフガニスタンでイスラム原理主義勢力のタリバン政権が大仏像を破壊したのは20年前。人類の貴重な文化遺産が失われ、世界中の人々が心を痛めた。6年前には、過激派組織「イスラム国」がシリアの世界遺産である都市遺跡パルミラを破壊した。

 イスラム教徒はなぜ大仏や遺跡を壊すのか。そう思った方も多いだろう。中東のイラクを中心にテロが相次いでいた2003年から06年までエジプトで勤務した。イスラム教徒の人たちと付き合う中で、その心情を理解しようと努めた。

 当時9歳の息子はエジプト転勤後、日本人学校に入学した。...