新型コロナウイルス流行で大打撃を受けた航空産業の人材を、需要回復が力強い自動車産業で受け入れる動きが加速している。両産業が集積する中部地域では中部経済産業局が人材マッチング事業を始め、出向や移籍を後押しする。