関西電力はスマートフォンやタブレット端末向けにマイクロ波を使った無線給電システムの開発に乗り出した。ドローンや電気自動車(EV)を活用し、屋外や移動中などどこでも電気を供給できるのが特長。まずは2025年大阪・関西万博の会場でモデルの提示を目指す。