日本国憲法施行74年を迎えた3日、那覇市内で第55回憲法講演会(主催・県憲法普及協議会など)が開かれた。群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春医師(57)が「基地なき平和な沖縄への道標-医師が沈黙を破るとき」と題して講演。沖縄の基地負担を「人権問題であり、健康問題でもある」と指摘し、戦争をさせない「非戦」の声を上げ続ける重要性を語った。

憲法講演会で「基地なき平和な沖縄への道標―医師が沈黙を破るとき」と題して講演する群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春医師=3日、那覇市・琉球新報ホール

 米国で銃規制に向けた医療従事者の運動を広げたドナルド・バービック医師が述べた「不正義の中での沈黙は政治的に同意を意味する」との言葉を紹介。冷戦期に核軍縮の流れを生んだ医師の働きなどにも触れ、医療従事者こそ平和活動に取り組むべきだとした。

 米軍による事件事故、騒音による脳卒中や睡眠障害、高血圧などの被害から、県民の人権を脅かす基地問題は「健康問題」だと指摘。米軍基地に起因する被害が続くことを「放置し、黙って治療するだけでは済まない」と訴えた。

 核兵器禁止条約については、日本政府に条約の署名、批准を求める活動の必要性を強調。「核戦争を起こさせないためには、廃絶しかない」と述べた。

 米軍機の部品落下事故があった緑ヶ丘保育園の保護者らでつくる「チーム緑ヶ丘1207」の宮城智子さんも登壇。「命に関わる事故がいまだに解決されない。状況が一変する行動を起こしてほしい。子どもたちが安心安全に遊び学べるようにしたい」と述べた。

 会場の琉球新報ホールは新型コロナウイルス対策で約600席を150席に制限。講演の模様は約1週間後に動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する。