沖縄県の米軍嘉手納基地で3日午後2時15分ごろ、米軍三沢基地(青森県)所属のF16戦闘機1機が離陸しようとした際、車輪のトラブルが発生した。離陸を中止した影響で、南側の滑走路は約30分にわたり閉鎖された。

F16戦闘機のタイヤを交換する兵士ら=3日午後3時20分、米軍嘉手納基地(読者提供)

 目撃者によると、左側の後輪内部が熱を持ち、タイヤが破裂する寸前に離陸を中止した。同機は誘導路に移動して点検を受け、タイヤを交換後、駐機場へ自走する様子が確認された。