東日本を中心に晴れ間が広がった4日、人出が少ないターミナル駅がある一方で、観光地では混雑がみられる場所もあった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府はゴールデンウイーク(GW)中の外出自粛を強く求めたが、「これ以上我慢できない」との声も。土産物店は客足の戻りを歓迎しつつ、今後の感染再拡大に懸念もにじませた。

 多くの買い物客らでにぎわう東京・上野のアメ横商店街=4日午後

 端午の節句に合わせて東京タワーに飾られたこいのぼり。タワーの高さにちなんだ333匹のこいのぼりが訪れた人たちの目を楽しませていた=4日午後、東京都港区

 多くの買い物客らでにぎわう東京・上野のアメ横商店街=4日午後  端午の節句に合わせて東京タワーに飾られたこいのぼり。タワーの高さにちなんだ333匹のこいのぼりが訪れた人たちの目を楽しませていた=4日午後、東京都港区

 北海道の観光スポット、札幌市時計台では、観光客らが写真撮影しようと列をつくった。大阪市の30代男性は「大阪からと言ったら嫌がられそうだが、感染防止を徹底して久々の息抜きを楽しみたい」と笑顔で語った。(共同通信)