【北谷】県内37の産廃事業者でつくる県産業資源循環協会青年部会の大城大輔部会長は4月26日、北谷町役場に津嘉山信行教育長を訪ね、国連が持続可能な開発のために定めた目標「SDGs」について学べる小学生向けの本12冊を贈呈した。本年度、加盟事業所が所在する市町村を中心に計100冊を寄贈する。