公文書管理条例を制定した自治体では、住民の知る権利に応えるための職員研修などにも取り組み、記録の残し方に関する職員の意識が変わったという。 滋賀県は2020年4月に施行。現在と将来の県民に対する説明責任を明記した。