日本社会で「友人」「親友」のイメージはどのように変化してきたのか。新聞の投書欄や人生相談などを手掛かりに、社会学者が探った。  家庭や職場の人間関係で「当たり前」だった規範が崩れ「自己決定・自己選択の余地」が広がった。その「個人化」によって、友人関係の複雑さが増していったという。