日本維新の会の馬場伸幸幹事長は6日の記者会見で、憲法改正手続きに関する国民投票法改正案の対応を巡り、立憲民主党について「日本には必要ない政党だ」と痛烈に批判した。共産党と同様に衆院憲法審査会での改正案採決に慎重姿勢だった立民が一転して応じたのは「共産党と一体と思われるのが嫌だったとの見方もある」と水を向けられ、答えた。

 立民が共産と共闘した先月の衆参3選挙を引き合いに「選挙互助組合をつくり『与党を倒した、自民党に勝った』と言って喜んでいた。言っていることと、やっていることがちぐはぐ過ぎる」と指弾した。(共同通信)