日本航空が7日発表した2021年3月期連結決算は、純損益が2866億円の赤字(前期は480億円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染拡大の長期化による旅客需要の減少が響き、コスト削減にも限界があった。通期赤字は12年の再上場後初めて。全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスは過去最悪の4046億円の赤字で、大手2社が巨額損失を計上した。

 日本航空のボーイング787=成田空港

 日航の売上高は前期比65・3%減の4812億円だった。旅客収入は大規模な減便が続き、国内線が67・2%減、国際線が94・3%減だった。

 22年3月期の連結業績予想は困難として、公表を見送った。(共同通信)