男女同権が確立して70年以上たつのに、元首相による女性蔑視発言など構造的差別を物語る出来事が後を絶たない。まして家父長制が存在した戦前に女性参政権を要求することはさぞ大変な苦労だったろうと想像していた。その意味で本書はちょうどよい時に世に出た。