1936年の二・二六事件は日本をアジア・太平洋戦争へと向かわせる転換点となった。決起したのは「皇道派青年将校」「黒幕は真崎甚三郎大将」という説は正しいか。反論するのが本書。