児童に運動の楽しさを実感してもらおうと、小学校が「総合型地域スポーツクラブ(SC)」の指導者ら外部人材とタッグを組む事業が各地で進められている。スマートフォンの普及や遊び場の減少で運動不足の子が目立ち、学校体育でボール投げなどのコツを上手に教えるのも難しい。