【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比229・23ドル高の3万4777・76ドルで取引を終えた。3日連続で過去最高値を更新した。米景気回復を支えるための金融緩和が継続するとの思惑から、IT関連銘柄を中心に買われた。