【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブール西部の女子校近くで8日、爆発があり、ロイター通信によると少なくとも55人が死亡、150人以上が負傷した。犯行声明は確認されていない。地元民放トロテレビによると、爆発時は下校時間で、犠牲者の多くが女子生徒とみられる。

 爆発で負傷し病院に運ばれる女性=8日、アフガニスタン・カブール(ロイター=共同)

 目撃者は、爆弾を積んだ車が最初に爆発した後、複数の爆発が起きたと話した。ロケット弾が着弾したとの情報もある。

 現場は同国で少数派のイスラム教シーア派を信仰するハザラ人が多く住む地区。反政府武装勢力タリバンの報道担当者は「攻撃を非難する」として爆発への関与を否定した。(共同通信)