[「防人」の肖像 自衛隊沖縄移駐50年](21) 第2部 浸透の境界線 激戦地だった糸満(上) ぎゅっと稲わらの束を握り、ペットボトルほどの太さの綱を編む。百メートル以上を何本もこなすうちに、軍手をはめていても指が痛くなるほどの力仕事。