全国知事会は10日、新型コロナ対策本部の会合をオンラインで開き、国への緊急提言案を大筋で了承した。全国的な変異株の拡大で医療崩壊の危機が続く深刻な状況を踏まえ、国民に警戒を呼び掛け、行動変容を促す強いメッセージを出すよう要請。7月末までに希望する高齢者へのワクチン接種が完了するよう取り組みの強化を求めた。同日中にも取りまとめ、近く政府に提出する。

 オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会合=10日午前、東京都千代田区

 対策本部の本部長代行を務める平井伸治鳥取県知事は「重症患者数や医療逼迫は厳しく、全国で緊急事態宣言が出てもおかしくない」と危機感を強調。会長の飯泉嘉門徳島県知事も「今食い止めないと大変なことになる」と述べた。(共同通信)